市場再編(2022年)について簡単にまとめた

学び

市場再編について、調べたことを簡単にまとめました。

市場再編については、日本取引所グループ(市場区分見直しの概要)に詳しく記載されています。
正式な情報は上記リンク先で確認できます。

市場再編はいつから?

2022年4月4日から。

市場区分はどのようになる?

現在 市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAC(スタンダード、グロース)

2022年4月4日から  プライム市場スタンダード市場グロース市場

市場を大・中・小のように分かりやすくした感じです。

市場再編の目的は?

①現行制度は、各市場区分のコンセプトが曖昧なのですっきりさせる(マザーズやJASDAC等の明確な違いが不明確)。
②上場会社の持続的な企業価値向上を促す市場を作る。
(現行制度は上場廃止基準が低いことや、第一部に上場することがゴールになってしまっている企業がある)

市場再編により、株価はどうなるのか?

TOPIXが見直される。需給の関係で株価が変動することがあるかもしれないですが、各企業の中身が変わるわけではないので影響は限定的だと思います。

TOPIXはどのように見直される?

TOPIXの見直しについては日本取引所グループの株価指数の見直しに記載されています。
2022年10月~2025年1月にかけて見直されていくそうです。
既存のTOPIX構成銘柄は新市場区分へ移行後も継続採用される予定です。

浮動株比率の算出方法が見直される

短期売買される方はTOPIXの算出方法に影響する浮動株比率の算出方法の見直しについても
確認しておくと良いでしょう。

浮動株式数=上場株式数-[大株主上位10位までの株式数+役員保有株式数+自己株式数+他の上場会社等が保有する当該上場会社の株式(政策保有株)←新設]

政策保有株が固定株として新設されるので、浮動株比率が減少します。この影響で多くの株価指数にも影響するので需給の関係で売買へのインパクトがあります。この算出方法への移行は、2022年4月、5月、6月の各最終日に3段階で移行する予定で、浮動株比率が10%超減少する銘柄については、この2022年4月・5月・6月での変動は10%に留め、超過分は2022年7月以降の当該銘柄の決算期に行う定期見直しに持ち越しとなります。2022年4月・5月・6月末の値動きは荒れそうなので、株式の需給に強くない方は売買を控えるのがいいでしょう。

自分が持っている銘柄はどこに区分される?

正式には2022年1月11日に日本取引所グループのウェブサイトに掲載される予定です。

適時開示情報閲覧サービスで ”新市場区分「プライム市場」選択申請に関するお知らせ”のように公表している企業もあります。適時開示情報閲覧サービスは1か月分しか、検索できないようなので、もう少し古い情報を確認したい場合は、東証上場会社情報サービスで個別に検索すると、適時開示情報ファイリング情報の「決定事実・発生事実に関する情報」に上記のお知らせがある場合があります。

その他、各企業のIR情報で公表している企業もありますが、見当たらない企業もあります。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました