文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学 感想

本・漫画

この本は、機械学習の勉強をしようとして数学の復習の必要性を感じて買った本の一つです。

「文系プログラマーのための」と書いてあるように、学生時代に数学が苦手だったけど、もう一度復習してみたいなというレベルの人には丁度いいのかと思います。文系でも高校数学はしっかりやったなという人には物足りない内容かなという印象です。私にはちょうどいいレベルの本でした。

高校数学を全て網羅しているのではなく、以下のような章立てとなっています。

第1章 コンピュータと「数」

第2章 コンピュータの「演算」

第3章 方程式で図形を描く

第4章 ベクトル

第5章 行列

第6章 集合と確率

第7章 統計と乱数

第8章 微分・積分

第1章と第2章は高校数学の復習ではなく、基数変換等の説明です。

この本のいいところは、各章で習う数学が「実際にどういう用途で使われているか」という
説明があることです。例えば、「ベクトルの内積の性質は、三次元CGやゲームの世界でキャラクタの
描画が必要かどうかの判定に使われている」ということを教えてくれます。

学生の頃にこの本のように、これはこういう用途で使われているよっていう説明があったら数学にもっと興味を持てたんだろうなと思いながら読んでみました。

最近勉強していないし、数学でも復習するかというような人にはお勧めです。

タイトルとURLをコピーしました