Pythonで学ぶあたらしい統計学の教科書 感想

本・漫画

この本は、統計学の基礎的な部分の学習をしたほうがいいなと思って買った本です。

1ページあたりの文字数と文字の大きさがほどよく、堅苦しい表現が少ないので読みやすいと感じました。実力のある人なら2~3日で読めそうです。私はのんびりやったので3カ月かかりました。

「平均」「分散」「標準偏差」「正規分布」「t検定」「ロジスティク回帰」「ポアソン回帰」

上記の言葉について、人に丁寧に説明できるレベルの人は読む必要はありません。

この本を読み終えた感想は、「統計の基礎が少しできたかな?」です。
「統計できます」と人に言えるレベルを目指すのであれば、まだまだ勉強することは
たくさんあります。

タイトルとURLをコピーしました