ゼロからはじめる株式投資入門 感想

本・漫画

株について基礎的な内容を理解しようと思って買った本。
フィスコの人が書いた本。

ページ数:251ページ
出版社:講談社
著者:金融アナリスト 三井智映子 フィスコ監修
発売日:2013年10月10日
対象読者:株初心者や株式の知識を身に着けたい人

株式投資の基礎知識から、長期投資と短期投資のコツについて簡単に紹介してくれている。ここに書いてある内容を完璧に頭に入れれば、常識的な感覚が身に付き、ニュース等を見た時もこれからどういう流れになっていくのか分かるのではないかと感じた。特に第1章と第2章は、なんとなく分かっているつもりでもこれらを理解し身に着けている人は意外と少ないのではないだろうかと感じた。流し読みをすれば1日で読めると思うが、分からない用語をインターネットで検索しながら読んだので結構な時間がかかった。また、第3章のエリオット波動分析に関する説明は面白かった。黄金比を使ったサポートや抵抗の価格の算出は洒落ていると思った。

本の構成

第1章 いますぐわかる株式投資の基礎の基礎

そもそも株って何?
株ってどうやって買うの?
株価の動きをみていこう
株を買うために企業を知ろう
株の運用に伴うリスク
海外マーケットの基礎知識
株式相場のいろいろな決まり
・現物取引と先物取引
・商品先物市場
・サーキットブレーカー
PER
PBR
・配当利回り
・IPO
・インサイダー
・税金
・デリバディブ
・信用取引
・空売り
・追証
・日本版ISA=NISA

第2章 最強アナリスト軍団に投資のイロハ「匠の技」を聞く

投資家は新聞をどう読むべきか
どんなテーマを見定めて狙うべきか
ニュースで読み込み、テーマ性を確立して、銘柄選びに活かそう
銘柄を絞り込んでみよう
短期投資と長期投資のコツを学ぶ
株の買いどき、売りどきの見極めと「信用取引」の奥義を学ぼう
企業業績のウラのウラを知りつくして、株価をはかろう
M&AとTOBは株価にどのような影響を与えるのか
コーポレートアクション(自社株買いなど)がホンモノかどうかを探ろう
IPO人気の波に乗る秘訣とは何か
日本の経済や株にも大きく影響する外国為替相場のカラクリ
世界の投資家が注目するアメリカの雇用統計とは何か
実際のところ、日銀は日本経済にどのような影響を与えているのか

第3章 短期投資の奥義「テクニカル分析」の基礎を身につける

移動平均線

・使い方とポイント
・トレンド(方向性)を明確にする
・支持(サポート)・抵抗(レジスタンス)
・ゴールデンクロス、デットクロス
移動平均線のウィークポイント
ロスカットこそ勝者の条件
移動平均線のまとめ

標準偏差(ボリンジャーバンド)

標準偏差の計算方法
正規分布の性質
・計算方法
ボリンジャーバンドまとめ

エリオット波動分析

エリオット波動分析の特徴
エリオット波動分析の基本パターン
それぞれの波動の特徴
イレギュラーなパターン
目標値・支持・抵抗の算出方法①
目標値・支持・抵抗の算出方法②
目標値・支持・抵抗の算出方法③
いざ、実戦で活用する!
1998年10月安値から第3波動へ至るまで
第3波動のなかの5つの波動を読む
第4波動の形成
第5波動の形成
エリオット波動分析のまとめ

RSI(Relative Strength Index)

計算方法
・使い方とポイント
・基本的な見方
・注意点
・(応用:「逆行現象」)
RSIまとめ

第3章まとめ

以上です。

タイトルとURLをコピーしました