syoukenkodo(証券コード)

銘柄コードとも呼ばれる。上場した会社には、4桁の番号が証券コード協議会によってつけられる。業種によって割り当てられる番号が決まっているので、証券コードがわかればどのような業種の会社なのかだいたい分かる。最近は、番号が不足してきており、新規上場株には業種に関係なく2000~4000番台が与えられることが多い。不足を補うため英文字が入ることが検討されている(日本取引所グループ公表資料)。

証券コードは以下のようになっている。

証券コード業種
1300番台水産・農業
1500番台鉱業
1600番台鉱業(石油/ガス開発)
1700番台〜1900番台建設
2000番台食品
3000番台繊維・紙
4000番台化学・薬品
5000番台資源・素材
6000番台機械・電機
7000番台自動車・輸送機
8000番台金融・商業・不動産
9000番台運輸・通信・電気・ガス・サービス
タイトルとURLをコピーしました