PER

Price Earnings Ratioの略。ピーイーアール。日本語では株価収益率と呼ばれる。株価が割高か割高か判断するための指標。EPS とセットで覚える。

計算式は PER=株価/1株当たり純利益(EPS

PERは現在の株価が1株当たり純利益の何倍かを知るための指標であり、例えば株価が1株1000円で1株当たり純利益が10円だとすると

PER=1000円/10円=100(倍)

なので、この株を1株1000円で買った場合、1年で10円の利益が出てそれが株主に配当されるとすると、100年たてば購入金額の元をとれることになる

PERが低いほど、「割安」で高いほど「割高」と言えるが、PERがこの値以下だと割安であるといった基準はない。以下の注意点を頭に入れておくとよい。

PERの注意点

・赤字になるとPERは計算できない

・業績の変動が激しい企業では、年によって大きく値が変動する(業績が安定していて毎年黒字の企業でないとあまり参考にならない)

・利益が小さいと分母が小さくなり非常に大きい値となる

・同業他社や対象銘柄の過去の値と比較して割高か否か判断することが大事

・PERはこれから企業が得るであろう企業価値と株価との比較。すでにある企業価値と株価との比較は PBR と参考にするとよい。

タイトルとURLをコピーしました