PBR

ピービーアール。日本語では株価純資産倍率と呼ばれる。 BPS とセットで覚える。株価が企業の解散価値に対して割高か割安かを知るために使い、企業の安定性を判断することができる。 PER とセットで掲載されていることが多い。

PBR=株価/BPS(1株あたり株主資本)

BPSは1株あたりの株主による資本金額(解散価値)なので、PBRが1(倍)は、株価と解散価値が同じであると判断される。

一般に、PBRが1以下だと「割安」、1以上だと「割高」と判断されるが、同業他社や過去の値と比較することが大事。

PBRの注目点

・優良企業(利益を生み出し続ける能力が高い)の場合は、業績が下落したとしてもPBR1倍付近で株価が下げ止まることが多い。

・低PBRのときに購入した株は、PBRが1倍付近になると割安感がなくなるので、PBR1倍付近の株価を上値と考えて売るのもあり。

タイトルとURLをコピーしました