borinzya-bando(ボリンジャーバンド)

移動平均線を中心に、標準偏差を用いて上下にバンド(幅)を作り、相場の行きすぎをとらえて反転のタイミングを計るテクニカル指標。

平均値から±1σは68.27%、±2σは95.45%、±3σは99.73%の範囲が含まれる。

ボックス圏では逆張りの指標、トレンド発生時はトレンド系の指標になるので、現在どのような相場かを見極めて使うと効果的。

タイトルとURLをコピーしました