1万円札の切替で起こることメモ

雑談・その他
Increasing Japanese yen images with wooden blocks

2024年に千円、5千円、1万円の肖像が変わります。気になったので、少し調べました。

特に注目すべきなのは1万円札の肖像が変わること。

1万円札の人物が変更されるのは、1984年(聖徳太子→福沢諭吉)以来のこと。

新札での経済効果

ATMの使用変更に係る費用
自動販売機の使用変更に係る費用
→これらによる経済効果は、キャッシュレス社会が進むため効果は限定的か

タンス預金の市中流通
→新札への切り替え後、再びタンス預金へ回るものも多いが、銀行への預金や新札を使いたいという欲で一時的な消費は増える。特に1万円札の切り替えは約40年ぶりなので影響が大きいと思われる。

物価が上昇する

上記のような要因で市中への資金量が増えたり、インフレ政策が行わる。
→物価が上昇する。

渋沢栄一銘柄への注目

これは個人的な見解。渋沢栄一思想を持った優秀な若者が渋沢栄一関連企業に就職し、会社がさらに発展又は復活する。長期投資の対象としてもいいかも。渋沢栄一が関わった企業や団体は500以上あるといわれるが、代表的なものを以下に掲載する。カッコの中身は銘柄コード。単体名で記載したが、銘柄コードはホールディングスのものが多い。

清水建設(1803)
サッポロビール(2501)
アサヒビール(2502)
キリンビール(2503)
東洋紡(3101)
王子製紙(3861)
デンカ(4061)
第一三共(4568)
太平洋セメント(5233)
古河機械金属(5715)
川崎重工業(7012)
IHI(7013)
いすゞ自動車(7202)
みずほ銀行(8411)
損害損保ジャパン(8630)
東京海上日動火災保険(8766)
日本郵船(9101)
澁澤倉庫(9304)
帝国ホテル(9708)

渋沢栄一思想の浸透化

渋沢栄一は「論語」をよりどころとし、フランスで学んだ株式会社制度を取り入れた人物で「日本資本主義の父」とも呼ばれる人物。中国の思想を根底としつつ、西欧の手法を取り入れた柔軟な思想の人物。

渋沢栄一思想に影響を受ける経営者は多いのではないだろうか。渋沢栄一の考え方は「私益のためではなく、公益を追求し、よりよい社会を作るために、資本や人材を適切に配置する」です。論語や公益の追求というのは悪用もできるが、住み心地の良い社会に少しずつ変化していくのではと思う。

お札の肖像が変わるのはこれで最後か(デジタル通貨への移行)

紙幣肖像は1900年代後半からおおよそ20年に1回の頻度で変わってきたが、次の20年の間までには「デジタル通貨」が普及している可能性が高い。今回が最後の変更ではないかと思う。

デジタル通貨への移行時に気を付けること
タンス預金がいくらあるかしっかり把握しておく。
紙幣等の現金はすぐにはなくならいと思うが、デジタル通貨移行時に、ある次期以降は「紙幣→デジタル通貨」への交換を「1万札→9000デジタル円」のような政策をとるかもしれないので気を付ける。

まとめ

この先、2024年は新札切替で一時的に景気がよくなる予感。インフレの懸念あり。現金の割合を低くし、別の資産の割合を増やしておくことが大事だと思う。
余裕があれば農業を行い自給自足ができる状態にしておこう。
仮想通貨(暗号通貨)を総資産の1~2割持っておくのも面白いと思う。

読んでくれてありがとう。

タイトルとURLをコピーしました