雑談・その他

1万円札の切替で起こることメモ

2024年に千円、5千円、1万円の肖像が変わります。気になったので、少し調べました。 特に注目すべきなのは1万円札の肖像が変わること。 1万円札の人物が変更されるのは、1984年(聖徳太子→福沢諭吉)以来のこと。 新札で...
本・漫画

ゼロからはじめる株式投資入門 感想

株について基礎的な内容を理解しようと思って買った本。フィスコの人が書いた本。 ページ数:251ページ出版社:講談社著者:金融アナリスト 三井智映子 フィスコ監修発売日:2013年10月10日対象読者:株初心者や株式の知識...
雑談・その他

アメリカ大統領戦と選挙後の株価について

2020年11月3(火)はアメリカ合衆国大統領選挙です。選挙の特徴と今後の株価の行方について簡単に調べたのでここに残しておきます。 選挙の特徴 選挙の時期 ・アメリカ合衆国大統領選挙(4年ごと) オリンピックがある年と覚...
本・漫画

ゼロからわかる統計と確率  感想

 「ゼロから分かる」とかいてあり、「ニュートン」が発行しているということで買ってみた雑誌です。平日に20分ずつ読んで1ヵ月くらいで読みました。 感想  全ページがカラーで、「統計や確率が現実の社会でどのように使われ...
本・漫画

中学3年間の数学を10時間で復習する本 感想

数学を復習しようと思って最初に買った本。本屋で数冊、中学数学の復習関係の本が並んでいたが、この本が一番見やすかったので購入。 特徴 ・全ページがフルカラーで見やすい。・1単元が1時間で復習できるようになっている。計10時間で復...
学び

ベンフォードの法則と株価について

ベンフォードの法則というのをご存知ですか。統計の勉強をしていたら出てきたので紹介します。 べンフォードの法則とは 「身のまわりにあるさまざまな数値の最上位の桁にある数値(1~9)の出現頻度は、1が最も多く、数字が大きくなるにし...
本・漫画

Pythonで学ぶあたらしい統計学の教科書 感想

この本は、統計学の基礎的な部分の学習をしたほうがいいなと思って買った本です。 1ページあたりの文字数と文字の大きさがほどよく、堅苦しい表現が少ないので読みやすいと感じました。実力のある人なら2~3日で読めそうです。私はのんびりやった...
用語

裁定取引って何?

裁定取引がイメージできなかったので、分かりやすくしてみました。裁定取引という言葉を検索すると、証券会社の用語集では以下のように説明されています。 「裁定取引とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを...
本・漫画

「やる気が出ない人」の心理学 感想

この本は、コンビニの雑誌コーナーで目に留まって買った本です。アマゾンでのレビュー評価はあまりよくありませんが、個人的には非常にためになる本でした。500円という安さも魅力的です。 この本が言っているのは、「やる気が出ない理由」は「無...
本・漫画

文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学 感想

文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学の読書感想。
タイトルとURLをコピーしました